妊娠したら旦那と寝室は別々がおすすめ

妊娠したら旦那と寝室は別々がおすすめ

私の場合は授かり婚だったので、妊娠検査薬の結果に「まさか自分がお母さんに?」と感動よりは、不安の方が大きく感じました。 ですが愛する人との子を産みたいと思い、初めてで知らない事はなんでもいろいろと調べることで、少しづつ大きくなるお腹を愛おしく思えるようになりました。 初めての胎動の時は本当に嬉しかったです。 妊娠とは、毎日を幸せにお腹の子の成長を感じられることなんだな、と思いました。妊娠している間は甘味を口にしたくなります。 実際今まで全く興味がなかった大福やあんみつが常に欲しくなりました。 ただ体重管理も必要です。 太らないようにウォーキングをしたら食べるようにしていました。 体重の維持と無事に出産できるように一日一万歩の目標を持って歩いていました。 ですが歩きすぎも体に負担をかけるリスクを高めてしまうので、無理はしてはいけません。 妊娠線が付かないようにするには太りすぎないようにする他に、専用のクリームを使うことが大事だと言われていますね。 そして妊娠線予防クリームを塗る際、マッサージをすることも忘れずに。脂肪をマッサージで揉みほぐしておくことで妊娠線にならないようにしてあげることも大切だと思います。その際たっぷりとクリームを手にとり、くるくると全体に馴染ませたあと、方向を変えながら塗り込んでいくのが効果的です。 なお、掴める部位は掴んだうえで揉んでおくことも忘れないように。 妊娠をしている間は無茶をしないように周囲の人に手伝ってもらいながらのんびりめに過ごしてもらいたいです。家の事に尽力しすぎるとお腹の辺りに緊張が走ったり仕事を熱心にしすぎると体を具合が悪化したり、精神面にも影響がでると思います。 食事はつわりでひどいときには食べられるものを食べ、罪作りな気持ちはもたないようにしてほしいのです。わたしはつわりで苦労したのですが、葉酸が入っているサプリは、意識して少し取り入れるように意識しました。妊娠初期は見た目が妊婦と分からず、自ら妊娠していると言わない限り手助けは得られません。 体調が優れない妊娠初期に無理をすると、貧血で倒れてしまったり、出血があったり、最悪な事に流産も引き起こします。仕事や家事が思うように出来なくても、「今は休むとき」と自分自身を責めず割り切ることも必要です。 妊娠中期になると、初期の体調不良が嘘のように元気になります。 手伝ってもらった周りの方に感謝の気持ちを持って、出来るようになったらすればいいと思います。 妻の初めての妊娠に、旦那さんの多くは妻の為に何をすれば良いか困ってしまうのではないでしょうか。まずは奥さんと一緒にいる時間を増やしましょう。 不安の多い妊娠中に奥さんの安らぎに繋がります。妊婦健診も二人で一緒に行ってみましょう。お父さんになる心構えが少しずつ出来てきます。 ただし、産院は基本的に女性優先、男性は座らずに隅の方で待ちましょう。ママの妊娠でパパも苦労されると思いますが、ここは妊娠中の方を最優先にして下さい。私はもう40歳も間近の高齢出産になったので、病院の先生方や先輩のママさんからも色々教えていただきました。少々太り気味の体形だったので、とにかく体重管理は気を付けるよう言われました。 にもかかわらず、何かを口にしていないと気持ち悪くなる、食べづわりだったので、常に何かを食べている状態でした。 すると体重はすぐに20キロ近く増えてしまい、足はむくみますし、妊娠中毒になってしまい、あと一歩で入院という酷い有様でした。でも、出産自体は1時間もかからず無事に終わりましたので、最終的には及第点の妊婦だと自負しています。妊娠中は食べ物にも気を配りましょう。 ビタミンAの過剰摂取は、胎児が先天性奇形となるリスクが高まるそうで、ビタミンAが豊富なレバー等を私は控えました。細胞分裂が激しい妊娠初期には特に意識しておく方がいいようです。ウナギはビタミンAを豊富に含み、妊娠中に摂れるビタミンA摂取量の最大値に、わずか一口で達してしまいました。 切迫早産による入院となった場合、絶対安静であることが必須です。常時点滴をし、ごはん、シャワー、トイレといった最低限の動き以外はベッドの上で過ごします。 この点滴は副作用があるウテメリンという薬で手が震えたり、動悸・息切れが出たりとしんどいものでした。 段々体は慣れてくるのですが…。入院中は本当にすることがないので、大人の塗り絵・編み物・ナンプレなどで暇な時間をやり過ごしていました。 妊娠中気を付けること、それは食事です。 ビタミンAを過剰摂取すると胎児が先天性奇形になる可能性が高くなるという事で、レバーやウナギをあまり食べないようにしました。特に妊娠したばかりの、卵細胞の分裂が活発な時期は注意されることをおすすめします。ウナギは高いビタミンA含有率で知られ、妊娠中にとっても良いビタミンAの限界量にわずか一口で達してしまいました。